飲む育毛剤であるフィンペシア

現在では様々なジェネリック医薬品が販売されていますが、特に人気を集めているのがフィンペシアといわれるジェネリック医薬品です。
まずジェネリック医薬品について説明をすると、ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ成分と効果でありながら、名前だけが違う医薬品のことをいいます。
つまり、シプラ社が製造しているフィンペシアはプロペシアと同じフィナステリドを主成分としているので、抜け毛予防や育毛などのAGA治療に効果的だとされています。
そしてジェネリック医薬品の特徴の一つが価格の安さです。

ジェネリック医薬品は後発医薬品であり、正規版の医薬品と比較してみると安価に買うことが出来ます。
値段が安く正規版の医薬品とは名前が異なりますが、医薬品の成分は正規版と一緒であることから、ジェネリック医薬品は正規品と同等の効果を期待出来ます。
さて、フィンペシアを飲むとなぜ異常脱毛が止まるかご存知でしょうか。

基本的に薄毛になる原因は人それぞれだとされていますが、O型ハゲのような加齢によって頭頂部が薄くなるものや、M字ハゲのように生え際から徐々に髪が薄くなって薄毛が目立ってしまう男性型脱毛症があります。
男性型脱毛症の原因はジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種が影響しており、これによって髪が薄くなってしまうのです。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつくことによって生成されるといわれていますが、フィンペシアに含まれる有効成分のフィナステリドを飲むことによって5αリダクターゼの作用を抑えることが出来ます。
そのため、フィナステリドが含まれている医薬品を飲むことによって異常脱毛が止まり、健康的な髪が生えてくるのです。
しかし体内に取り込む育毛剤は副作用のリスクがあることを忘れてはなりませんし、気をつけて医薬品を使うようにしましょう。
髪を生やす育毛法には塗るタイプの育毛剤や、フィナステリドのような飲むタイプの育毛剤がありますが、育毛としての効果が高いのは飲むタイプの育毛剤です。

ただ、さきほどにも説明しましたが、飲むタイプの育毛剤は塗るタイプの育毛剤と違って様々な副作用が考えられるので注意してください。

また、塗るタイプの育毛剤は副作用はほとんど無いとされていますが、飲むタイプの育毛剤と比べて薄毛を改善できる効果が低いようです。
飲む育毛剤であるフィナステリドは、男性型脱毛症診療ガイドラインでは非常に効果がある治療法として認められており、ミノキシジルも最も効果が高い治療法として知られています。

ジェネリック医薬品のフィンペシアは、インターネットの個人輸入代行業者から簡単に入手することが出来るため、最近では個人輸入代行業者を使って医薬品を購入している方が国内でもたくさんいるようです。
また、プロペシアと違ってこのジェネリック医薬品はクリニックでは処方してもらえないので気をつけるようにしましょう。

フィンペシアで夫婦円満に

M字ハゲや頭頂部が薄くなってくると、本人が気にするのはもちろんの事、奥さんも気にしてしまうものです。
薄毛になる前に結婚したならなおの事で、口に出さなくても「こんなはずではなかった」と思っている方は少なくありません。
一緒に外出する時も人目が気になってしまったり、薄毛の男性と結婚したのだと思われてはいないかと気にしてしまう事もあるでしょう。
男性からしてみれば、自分がこんなに悩んでいるのにそんな風に思うなんてと憤りを感じるかもしれませんが、逆の立場になれば同じように感じるのではないでしょうか。
こうなってしまうと夫婦そろって薄毛に悩み、イライラして夫婦仲に響いてしまう可能性があります。
そんな事にならないためにも、フィンペシアなどのAGA治療薬を試してみて下さい。
外見が変わっても夫婦仲になにも問題がなくても、若い頃のようなフサフサの髪になれば気持ちも若返りますし、奥さんもきっと喜んでくれますよ。
フィンペシアは有名なAGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品で、効能はほぼ同じながら価格は1/3~1/10ほど安くなっています。
AGA治療は自由診療になるので治療にかかる料金は病院ごとに違いますが、都会の方が安く設定されている傾向にあるようです。
もしも、通える範囲にフィンペシアを処方してくれる病院がなかったり、都会と比べて高すぎると感じた時は、インターネットの個人輸入代行サイトを利用するといいでしょう。
個人輸入の複雑な手続きを代行してくれるサイトで、普通の通販と同じで24時間いつでも欲しい薬を注文できますし、サイトによっては送料無料で自宅まで配送してくれます。
低価格のジェネリックがネットではさらに安く買えますから、継続的に服用が必要なAGAの治療には最適です。
ただ、医薬品の個人輸入は需要が高く、そこを狙って偽物を売りつけるなどの詐欺も横行しています。
利用する時は事前に評判をしっかり確認し、評判が良く多くの方が利用しているサイトを選ぶようにして下さい。
フィンペシアの服用法は、成人男性で1日0.5mgから1mgを1回、水などで服用します。
飲むタイミングは自由ですが、薬の効果を安定させるためにも毎日同じ時間帯に飲むようにして下さい。
副作用はほとんどないとされていますが、もしも気になる症状が現れたら医師に早めに医師に相談するといいでしょう。
注意して欲しいのは、フィンペシアなどのフィナステリド製剤は、妊婦や授乳中の女性に近づけてはいけないという事です。
胎児や乳幼児への影響が考えられるため、触れることも避けなければいけません。
ですから、奥さんが妊娠中の方や授乳中の場合は、いったん治療を諦めて、別の時期に行うようにして下さい。
AGA治療を行う時は、しっかりと情報収集をしてから正しく行う事が大切です。
夫婦仲は髪の毛だけでは決まりませんが、薄毛が改善されればきっと本人だけでなく奥さんも喜ぶはずです。
一緒に乗り越えれば、きっと夫婦の絆も深まるでしょう。

フィンペシアで髪と自信を取り戻し女性にアピール

誰でも好きな異性の前では少しでも良く見せたいですよね。
男性なら男らしいところを見せたいですし、カッコいいとまではいかなくても「ここさえ良くなれば」と思うところはいくらでもあるかと思います。
とくに髪は顔の次に目が行くところですし、額が広かったり頭頂部が薄くなってくると、女性の視線も気になってしまいます。
年を重ねてからならまだしも、若くして薄毛の傾向が現れてしまうと、気になる女性にアピールするのにも苦労するでしょう。

それは相手が薄毛を気にしなくても、当人が気にしてしまうことでも障害となりえます。
薄毛じゃ相手にしてもらえないと思い込んでいては、積極的になろうという気持ちもなかなか起こりませんよね。
そんな時は、早めにフィンペシアなどのAGA治療薬を使ってみるといいでしょう。

男性型脱毛症(AGA)も早期治療が効果的でして、薬で脱毛の原因物質の生産を阻害しても、毛根が元気でないとなかなか発毛までいきません。
ですから、若い方の方がヘアサイクルが正常化してから毛根が再生するまで時間が短く済みますし、発毛率も高くなるといえます。
気になるのは治療にかかる費用と期間だと思いますが、費用はジェネリック医薬品であるフィンペシアを選ぶ事で圧倒的にプロペシアより治療費を節約する事ができます。
自由診療なので病院によってその価格は変わってきますが、大雑把にいいますとプロペシアでは1か月分しか買えない金額で、フィンペシアなら半年分は買える可能性があるのです。
AGA治療薬は最低でも3ヶ月以上は服用しつづけないと効果を実感できませんし、6ヶ月以上継続して使用するのが好ましいとされていますから、この価格差は治療を続ける助けになるでしょう。

期間は個人差があるので一概には言えませんが、先ほども言ったとおり若い方の方が効果が現れやすいといえます。
効果が現れて髪がフサフサになったとしても、治療をやめればまたAGAの原因物質が作られてしまいますから、確実に髪の毛を維持したいのであればフィンペシアを服用し続けなければなりません。
しかし、AGAの原因はまだわかっていない部分も多く、食生活や睡眠時間、喫煙などの生活習慣の見直しや、適切なヘアケア、適度な運動やストレス発散など、薄毛の原因となるものを片っ端から改善していく事で、原因物質が作られても毛髪を維持できる可能性はあります。

とくにストレスは髪に悪いといわれていますから、前向きに考える事で効率よく治療を行う事ができるでしょう。
そして、その前向きさは女性に対しても良い印象を与えるのではないでしょうか。
髪が増えてくる事によって自信を取り戻し、仕事や趣味にも意欲的に取り組む姿を見れば、女性もそんなあなたの姿を魅力的だと感じるかもしれません。
印象というものは外見よりも、その人の表情や行動の方が大部分を占めているものです。
フィンペシアで明るく自信に満ちた表情になれば、きっと彼女へのアピールも上手くいくでしょう。

フィンペシアは薄毛のための薬です

世の中には沢山の薬が存在していて、似たような名前の物も多数あります。
その一つがフィンペシアとプロペシアです。
これらはどちらも薄毛対策の為の薬で、有効成分はフィナステリドです。
男性型薄毛、一般的にAGAと呼ばれる症状に一定の効果を発揮する事が期待されています。
先発医薬品として開発されたのはプロペシアですが、その有効成分はそのまま、寄り薬価を抑えてインドの製薬会社で作られたジェネリックがフィンペシアです。
勿論服用方法などは先発医薬品と何ら変わりはありません。
さて、AGA対策について考えていく場合、まず知っておくべき事はなぜAGAになるかという事です。
AGAは男性ホルモンの影響によって起きる薄毛で、額・頭頂部などが集中的に薄毛になる状態を言います。
女性の薄毛と大きく違う点は、男性型の場合はまとまって薄くなるという事です。
反対に女性は髪全体が減っていくので、薄毛が進行するとボリュームがかなり減ってしまいます。
男性ホルモンには何種類もあって、ちょうど思春期の頃から男の子の体を大人の男性へと変化させていく働きがあります。
体毛にも影響を及ぼすので腕・すねなどにも以前に比べると濃い毛が生えたり、のど仏が出てきて声が低くなったりするのが一般的です。
より男性らしい体つきになるためにも必要なホルモンなのですが、良い事ばかりしてくれるわけではありません。
それがAGAです。
とは言っても、AGAは確かにぱっと見ると髪の毛がかなり減ったように見えてしまいます。
しかし良く見てみると、実はまだまだ毛穴からは産毛が生えてきているのです。
これをそのままうぶ毛として生えさせておくのか、それともここから太く濃い毛が生えてくるように頑張ってみるのか、それによって今後の頭髪が変わって来ると言っても過言ではありません。
元気のない頭皮の毛穴から生えている産毛を太くする方法の一つがフィンペシアです。
男性ホルモンが髪の毛に影響を及ぼさないようにすることによって、細く、弱くなってしまった髪を太く強くしていく事が出来るようになります。
ただこの薬は決して即効性がある物ではないので、1回2回飲んだからと言って効果が出てくるわけではありません。
半年ほど飲み続ける事でようやく違いが分かる様になっていく場合が多い薬です。
ただ、じわじわと体の中から変えていく薬なので、大きな副作用は報告されていません。
勿論体質によっても違いはありますが、安心して利用しやすい薬だと言えるでしょう。
飲み続けると1年、2年後にはあのふわふわとしていた産毛が濃くなっている事も期待できます。
ただ育毛剤というのは髪の毛が生えてきて、増えてきても使い続ける必要があります。
だから一度利用しだしたら、ずっと使い続ける必要があるという事をよく理解しておきましょう。
とは言っても、途中で服用をやめても、また再開しても何ら問題はありません。
今まで一度飲んだ事があって今はお休みしている人も、また最近薄毛で悩みだした人も、一度フィンペシアをチェックしてみてはいかがでしょうか。

若くして薄毛になってしまった方もフィンペシアで髪も自信も取り戻そう

女性から見て、やはり男性の薄毛は気になってしまうものです。
どうしても目立ちますから自然と目が行ってしまいますし、薄毛というだけで年齢を高く感じるという事もあるでしょう。
そのような女性の視線を最も痛感しているのは男性自身ですよね。
女性の視線が気にならなければ、ここまで薄毛を気にすることもありませんし、コンプレックスにもならなかったかもしれません。
とくに若い男性ですと、これから先このペースで薄くなっていったら10年後には…と不安は募るばかりです。

その不安がストレスとなり、さらにAGAを悪化させ、薄くなっていく髪を見てますます不安になるという負のスパイラルに突入してしまうと、薄毛の問題だけでなく自信喪失や普段のコミュニケーションにも支障を来たしてしまう場合もあります。
そんな負のスパイラルに陥る前に、フィンペシアで悩みを軽減させてみてはいかがでしょうか。
フィンペシアはAGA治療薬として有名なプロペシアのジェネリック医薬品で、低価格で購入できるため若い方でも比較的治療を試みやすいかと思います。

病院でも処方できるところがありますので、お近くに処方できる病院があるならそこを受診してみるといいでしょう。
フィンペシアは副作用がほぼない使いやすい薬ですが、医薬品ですから人によっては身体に合わないという事もありますし、使い方の注意点など気をつけなければいけない点もあります。
AGA治療を行う時は、最初は病院で医師の指導のもと使うのが安心です。
しかし、デリケートな問題ですし、できれば病院に通わずに治療したいという方もいるのではないでしょうか。
病院に通う場合、薬の処方と経過の観察のため、毎月休日を通院のために使わなければなりませんし、病院へ行くというのはあまり楽しいものではありません。
近くに病院がなければ時間も交通費もかかってしまい、それを考えると治療に踏み出せないという方もいるかと思います。

ですが、インターネットの個人輸入代行サイトを利用すれば、わざわざ毎月病院へ行かなくてもAGA治療薬を購入する事ができます。
通販と同じ要領で利用できますから、24時間いつでも注文できて家まで届けてくれて、忙しい方でも気軽に治療を続けられるでしょう。
もちろん、低価格なこともフィンペシアの魅力で、個人輸入代行サイトで半年分まとめて購入すれば、病院へ行く場合より数万円も治療費を節約できます。

AGA治療には、内服薬の治療の他にミノキシジルの外用薬によるものもありますし、自分に合った無添加シャンプーを購入したり、血行を良くするためにジムに通ったりと、本気で取り組むなら費用も結構かかってしまいます。
喫煙している方なら、禁煙治療も同時に行うという場合もあるでしょう。
ですから、フィンペシアによって治療費を節約しつつ、あらゆる薄毛対策に取り組み、フサフサの髪を取り戻す可能性を高めましょう。
若いうちに取り組んでいけばそれだけ効率よく治療できますし、それを実感できればきっと自信も取り戻せるはずです。

効果が高く、安い育毛剤フィンペシアの有効点と注意点

男性型脱毛症に悩む方は多いです。
男性の脱毛、薄毛のほとんどは、この男性型脱毛症であると言われています。
では、その原因は何なのでしょうか。
それには、酵素「5αリダクターゼ」と男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」が深く関わっています。
男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロンが分泌すればするほど、進行してしまいます。
そのジヒドロテストステロンは、5αリダクターゼが男性ホルモン「テストロン」と結び付くと、作られるホルモンなのです。
ですから、脱毛、薄毛を止める鍵は、5αリダクターゼをどれだけ抑制できるかで、その度合いによって、大きく違ってくるのです。
そこに、注目して作られた育毛剤が、プロペシアです。
日本皮膚科医学会が、最も男性型脱毛症の治療に医学的に推奨できると認めたほどの効果です。
しかし、プロペシアは、病院にかかって、医師の処方箋をもらうことでしか、入手できず、かかった医療費も薬代も、全額自己負担になってしまうので、とても精算額が大きいのです。
それなのに、男性型脱毛症を食い止めるためには、とても長い間飲み続けることが必須なため、患者さんの間では、プロペシアは高嶺の花と呼ばれることもあるそうです。
そこに、登場したのが、フィンペシアです。
フィンペシアは、プロペシアと全く同じ成分の、いち早く世に出たとても安く買える医薬品です。
医療先進国のインドで作られ、海外から個人輸入で手に入れることができます。
日本では、正式に許可をされていないので、病院で、「もっと安いものがあるでしょう。
」と言っても、処方してくれないので、注意してください。
主成分は、フィナステリドという成分で、最初は前立腺肥大の患者さんに投与されていましたが、その患者さんの中から、毛髪が濃くなったという人たちが表れて、効果が明らかになったのです。
なぜなら、フィナステリドは、男性型脱毛症の原因となる酵素5αリダクターゼを阻害してくれるからです。
すると、発毛や髪の成長を抑えてしまう男性ホルモン、ジヒドロテストステロンの作成を少なくすることができるのです。
ただし、注意が必要なこともあります。
フィンペシアには、キリンイエローというコーティング剤が使われています。
これは、実証されているわけではないのですが、発がん性物質の可能性があると疑われています。
もう一つは、海外の個人輸入をする時に、偽物を買わされないようにすることです。
信頼できる輸入代行業者を見つけ、あまりにも安い物には、手を出さない方が無難でしょう。
古くからサイトを開いている所がおススメです。
でも、男性型脱毛症を自己判断するのは少なからず危険ですので、最初はクリニックを受診する方がよいと思います。
診察して、検査をしてもらうと、男性型脱毛症になりやすい体質か、フィナステリドが有効にきくかなども分かるので、メリットもあります。
そうしてから初めて、フィンペシアなどを使っても、良いと思いますよ。

正しい洗髪をしてフィンペシアの効果を倍増させる

 

男性の頭皮は脂っぽくなる事が多く、その多くは男性型脱毛症(AGA)が原因と言われています。
AGAは脱毛の原因物質によって、毛乳頭の活動が抑制されると同時に皮脂を過剰に分泌させますから、頭皮が脂っぽいと感じる方は要注意だという事です。
頭皮の脂は薄毛の原因になるだけでなく、自分で髪を触った時にべたついて気持ち悪いですし、見た目にもわかってしまう事があって気になりますよね。
枕も汚れが溜まりやすいですし、夏の暑い時期ですと閉鎖空間で臭いが気になってしまう方もいるかと思います。

フィンペシアのようなAGA治療薬を使えば、皮脂の分泌を抑えることもできますが、毛穴の奥に古い脂が溜まってしまうと炎症を起こす事もありますので、一度正しい洗髪の仕方を確認するといいでしょう。
まず、ブラッシングをしてよけいな汚れを落とし、髪の絡みをなくして洗いやすくしておきます。
その後、シャワーで2~3分、お湯で髪を流す事で、汚れのほとんどを洗い流す事ができ、シャンプーの泡立ちも良くなります。

シャンプーを適量手に取り、手で泡立ててから頭皮全体に行き渡らせ、手のひらや指の腹を使ってもみ洗いして下さい。
強くやりすぎると頭皮を傷つける恐れがあるので気をつけましょう。
良く泡立てて洗い終わったら、シャワーで3分以上かけて丁寧に洗い流す事が大切です。
洗剤カスが残っていると頭皮が荒れて痒くなる事があります。

しっかり洗い流してから、頭皮にはつけないようにトリートメント剤を使って下さい。
頭皮につけるように指示されたもの以外は頭皮につけないのが基本です。
これも3分以上かけて洗い流しましょう。
清潔なタオルで抑えるように水分を取り、十分に水気が取れた状態でドライヤーを使って乾かして下さい。
10センチ程度離して当て、できれば温風は避けるようにしましょう。

頭皮の状態にもよりますが、洗いすぎは頭皮にも髪にもよくありません。
皮脂を落としすぎて逆に皮脂の分泌が多くなることもありますので、様子を見ながら洗う頻度やシャンプーを使うかどうかを決めるといいでしょう。
お湯だけでも皮脂や汚れは落ちますから、シャンプー洗いとお湯洗いを毎日交互にやるという方法もあります。

正しい洗髪方法を身につければ、フィンペシアの治療効果も倍増します。
フィンペシアによってヘアサイクルが正常化していっても、毛穴が詰まっていては毛根に栄養が行きにくくなったり、ミノキシジルのような外用薬の成分が十分に行き渡らないという事も考えられます。

何より、頭皮が不潔な状態にあると皮膚病などで薄毛に繋がる場合もありますから、きれいに洗って頭皮環境を整える事は大切です。
AGA治療には薬によるものと、こういった個人の努力で頭皮環境や生活習慣を改善していく事が成功の秘訣です。
身体の中から発毛サイクルを整え、外から発毛しやすい環境を整え、そしてミノキシジルのような発毛を促進する外用薬と併用する事で、更に効果的にAGAを治療することができるでしょう。

AGAのメカニズムを知ってフィンペシアを活用する

男性型脱毛症(AGA)というと、男性にとっては恐ろしい聞くのも嫌な言葉なのではないでしょうか。
これが始まってしまったら、もう薬を飲み続ける以外に進行を止める手立てはなく、人生まっくらと思ってしまう方もいるかと思います。
しかし、AGAのことをきちんと理解すれば、改善できるという希望も湧いてくるかもしれません。
気持ちが前向きになるだけでもAGA改善の第一歩となりますから、まずは落ち込まずに情報を集めてみて下さい。
AGAになるとどのように薄毛になってしまうかというと、薄毛になるリスクを高める遺伝子の事が思い浮かぶ方も多いでしょう。
薄毛は遺伝すると昔から言われてまして、すべてが解明されたわけではありませんが、AGAの原因となる男性ホルモン受容体遺伝子が特定されています。
その遺伝子はX染色体上にある事から、母方の血筋から遺伝し、母方の祖父が薄毛なら自分も薄毛になる可能性が高いとよく言われていますよね。
その遺伝子を持っていると、薄毛の原因物質であるDHTの影響を受けやすくなり、AGAになりやすいのです。
他にも、DHTを生成するのに必要な5αリダクターゼという酵素を生産量や働きの強さも遺伝するとされています。
DHTがどのように脱毛させてしまうのかというと、DHTは皮脂腺と毛乳頭に働きかけ、皮脂腺から過剰の皮脂を分泌させ毛穴を塞いでしまいます。
一方、毛乳頭は働きを抑制され、髪が十分に成長しないまま休眠期に入ってしまうのです。
この二つの働きによって、髪は細くなっていき、成長できないまま抜けてしまうので、薄毛に繋がってしまいます。
ですから、AGAを改善するにはこのDHTの生成を抑える必要があり、そのためにフィンペシアなどのAGA治療薬によって5αリダクターゼの活動を阻害するという治療が現在の主流になっています。
フィンペシアの主成分フィナステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害しDHTの生産を抑えますから、ヘアサイクルを正常化し脱毛を防ぐ事ができます。
ですが、フィンペシアの服用をやめると再び5αリダクターゼは活発化し、AGAになってしまうとも考えられますよね。
しかし、AGAのリスクとされる要因はまだまだ他にもたくさんあると言われており、フィンペシアによる治療で健康な髪を取り戻すと同時に、あらゆる努力を行う事で再びAGAになるリスクを減らす事はできるはずです。
例えば、髪を成長させるための成長ホルモンは寝ている間に分泌されますので、睡眠時間を見直して正しい睡眠サイクルに戻す事で髪の成長を促す事ができます。
そして、DHTの作用の一つである皮脂の分泌も、正しい洗髪でしっかり皮脂を落とし、食生活を見直して脂っこい食事を控える事で対処できるでしょう。
他にも、喫煙やストレスは血行を悪くして毛根に十分な血液が行き渡らなくなるので、禁煙しつつ適度な運動などをしてストレス発散する事が大切です。
このように、フィンペシアなどのAGA治療薬は薄くなった髪の毛を取り戻すために服用し、同時にAGAの原因と考えられるものを一つづつ排除していく事で、治療薬に頼り続けなくても毛髪を維持できる可能性がでてくると言えるのではないでしょうか。

男性型脱毛症AGAをジェネリック医薬品で治療する

最近話題になることが多いAGAは男性型の脱毛症です。
このAGAは、名前からもわかるように男性ホルモンが大きく関わって発症する脱毛症です。
男性ホルモンにはいくつか種類がありますが、代表的なものはテストステロンです。
テストステロンに5アルファ還元酵素が影響を与えることで、テストステロンはジヒドロテストステロンという物質に変わります。

このジヒドロテストステロンがAGAの原因で、毛根細胞にある男性ホルモンの受容体にくっつくと毛周期が休眠期に切り替わってしまうのです。
これにより、成長するはずの髪の毛がやせたり抜けたりして脱毛症になってしまいます。
これが、男性型脱毛症AGAの起こる仕組みです。
ジヒドロテストステロンは、胎児期の男性にとっては生殖器の発育を促すなどの重要な働きをするのですが、思春期から青年期の男性にはニキビや前立腺肥大それに脱毛症などの悩ましい症状を起こす原因になってしまいます。

このAGAは、病院で治療することができます。
治療には、米国のメルク社が開発したプロペシアという内服薬が使われます。

プロペシアは世界で初めての医師が処方するAGAの治療薬で、フィナステリドが有効成分として含まれています。
フィナステリドがAGAに効果があるのは、テストステロンからAGAの原因物質が作られる時に作用する5アルファ還元酵素の働きをブロックするからです。
フィナステリドは、医薬品の分類上は「5アルファ還元酵素阻害薬」というジャンルに属しています。
またこの5アルファ還元酵素阻害薬は、前立腺肥大の治療にも用いられることがあります。

さて、医薬品には新薬とジェネリック薬品という区分があります。
新薬というのは開発されて市場に出てきた医薬品で、ジェネリック医薬品は特許期間の切れた新薬と同じ中身の薬を他の医薬メーカーが製造したものです。
ジェネリック医薬品の特徴は、製造にコストがかからないため薬価が低く設定されるということです。
新薬では開発や実験、承認と段階をふんで開発されていますからコストがかかりますが、ジェネリック医薬品は既に作り方や効能がわかっている薬を製造するだけなので安く作れるというわけです。
AGAの治療薬プロペシアは新薬ですが、ジェネリック医薬品も製造されています。

プロペシアのジェネリックはいくつかありますが、そのひとつがフィンペシアです。
フィンペシアを製造しているのはインドの大手の製薬メーカー・シープラ社です。

インドは知る人ぞ知るジェネリック医薬品のメッカで、世界中で承認されているジェネリック医薬品を製造する製薬メーカーがたくさんあります。
これはインドの製薬特許の仕組みに関係しています。

インドには医薬品の製造特許はありますが、成分の方の特許が存在しないため同じ成分で作られた薬もジェネリックとして承認されて世界中に輸出されています。
フィンペシアも、成分や効能がプロペシアと変わらない上にかなり安く入手できますので、経済的な事情でAGAの治療が続けられないという人におすすめです。

フィンペシアでコンプレックスを克服しよう

今もむかしも男性にとってハゲという言葉はグサリとくるものです。
子供の頃は気軽に悪口として使っていた言葉も、ある頃を境に抜け毛が気になりだし、他人事ではなくなるかもしれません。
薄毛というものは外見上にハッキリと現れるものですから、どうしても人の目がそこに行きますし、隠そうとすれば隠そうとするほど他人の目も気になってしまうのではないでしょうか。
帽子を被る事が多くなったり、髪形を変えて薄くなったところを隠したり、カツラや植毛を試すという手もあるでしょう。
しかし、どうやっても自分の髪ではありませんし、どこか不安が付きまとってしまいます。
薄毛になってから自信を喪失してしまう方も多く、人目を気にしすぎてストレスで更に脱毛が進んでしまう事もあるのです。
とくに男性型脱毛症(AGA)のリスクが高い方の場合、過度のストレスからAGAの進行が始まる場合もあります。
このようなコンプレックスを抱えていると、人付き合いが苦手になったり、仕事に身が入らなくなってしまうなどの悪い影響も考えられますし、これ以上AGAを進行させないためにもストレスの元を断つ事が大切です。
ですが、AGAの治療は治療費が高く、完治するわけではなくずっと治療を続けなければいけないから無理だと思っている方もいるのではないでしょうか。
確かにフィナステリドを主成分とした治療薬は、AGAを完治させるためのものではありません。
フィナステリドは脱毛の原因となる物質を生成するのに必要な酵素の活性を阻害する事で、脱毛を抑制する薬ですので、それによって髪がフサフサになったとしても、服用をやめればまた酵素の働きによって原因物質が作られ脱毛するようになってしまうのです。
しかし、薄毛の原因はAGAだけとは限りません。
先ほども言ったとおり、ストレスによって脱毛しやすくなる事もあり、他にも生活習慣などによっても脱毛しやすさは変わってきます。
いくらAGAのリスクが高くなる遺伝子を持っていても、それだけで薄毛が進行しているとは限らず、その他の原因と重なって初めて脱毛が進んでしまうという場合もあるのです。
ですから、まずはフィンペシアなどのAGA治療薬の服用と共に、生活習慣の改善、正しい頭皮ケアなどを行い、薄毛が少しづつ改善することが大切です。
それによってストレスも軽減し、前向きな気持ちになりコンプレックスも克服できるかもしれません。
それによって更に薄毛改善の効果が期待できるはずです。
フィンペシアによる治療は最低でも3ヶ月以上、1日0.5mg~1mgを毎日同じ時間帯に服用し続けなければなりません。
薬を使い始めて1ヶ月頃にヘアサイクルが正常に戻ろうとする過程で脱毛が増える初期脱毛が起こる事があります。
怖くなってフィンペシアの利用をやめてしまう方もいるようですが、これは薬が効き始めている証拠ですので安心して下さい。
どうしても気になる方は、髪を短くカットする事で抜け毛が目立たず、新しく生えてきた毛髪を確認しやすくなりますので、散髪するのもいいでしょう。
少しづつ増えていく自分の髪を見るのはとても楽しいと思いますよ。